激安販促マスクの印刷、オリジナル販促マスクの販促マスク王国!送料込み、デザイン制作費無料!

激安販促マスク王国
ご注文・お問い合わせは0120-972-602まで
送料全国一律0円
後払い決済OK!売掛が出来ます。

プレス情報詳細

2021.10.04 プレス

使い捨てのオリジナルマスクは作れる?メリット・デメリットをご紹介

使い捨てタイプのオリジナルマスクは作成可能です。

使い捨てタイプのオリジナルマスクには、主に不織布マスクが採用されています。
「すぐに使える」「マスクとしての性能が良い」「比較的安い」とメリットも多いアイテムです。

マスクにプリントしたりオリジナルのチラシを同封したりすれば、ばらまき用やイベント用としてぴったり。
シールやクリップを活用すれば、個人での使用や小規模店舗での活用もしやすくなります。

この記事では使い捨てタイプのオリジナルマスクを作るなら知っておきたい4つの作成パターンやメリット・デメリットをご紹介します。

ぜひイメージにぴったりのオリジナルマスク制作にお役立てください。






目次


1. どんな使い捨てオリジナルマスクが作れる?4パターンをご紹介
1-1. マスクから発注してオリジナルマスクを作る場合
1-1-1. ①マスクにプリントしてワンポイントを入れる
1-1-2. ②マスクにプリントせずラベルを同封する
1-2. 手元にある使い捨てマスクを活用する場合
1-2-1. ③シールを活用してオリジナルマスクに
1-2-2. ④クリップを活用して手軽にワンポイント入りオリジナルマスクに
2. 使い捨て不織布オリジナルマスクのおすすめ商品紹介
3. 使い捨てオリジナルマスクを販促に活用するメリット
3-1. 事前の洗濯が不要ですぐに使える
3-2. 不織布マスクのため性能が良い
3-3. 布マスクよりも比較的安い
4. 販促アイテムに使い捨てマスクを活用するデメリット
4-1. 販促効果を見込める期間が短い
4-2. 全面印刷ができるものが少なくインパクトに欠ける
5. まとめ




1. どんな使い捨てオリジナルマスクが作れる?4パターンをご紹介


使い捨てタイプのオリジナルマスクを作るとして、ワンポイントのプリントを入れたマスクを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
実は使い捨てマスクでオリジナルグッズを作る場合、4パターンの商品が作成できます。

どんなマスクが作れるのか、それぞれ見てみましょう。

1-1. マスクから発注してオリジナルマスクを作る場合


まずはマスク本体から企業に発注し、オリジナルマスクを作成する場合を見ていきましょう。
マスクにプリントを入れる場合と入れない場合の2パターンをご紹介します。

1-1-1. ①マスクにプリントしてワンポイントを入れる


不織布マスクには、名入れ印刷によりワンポイントロゴや社名を入れられます。
中にはマスク全面にプリントを入れる全面印刷に対応している企業もありますが、「販促マスク王国」は名入れ印刷のみです。

使い捨ての不織布マスクへプリントする場合は、専用フィルムにデザインをプリントしたものをマスクへ接着するため、素材に左右されない綺麗なプリントができます。





プリントに使用する専用フィルムの種類により「透明シートタイプ」「白地シートタイプ」の2種類の商品をご用意しています。
上記の画像左が透明シートタイプ、右が白地シートタイプです。

透明シートタイプはロゴや文字をそのままプリントでき、自然な仕上がりになります。
白地シートタイプは、白いフィルムにプリントするためはっきりとしたプリントが可能である一方、デザインによっては白い縁取りができてしまう場合があるタイプです。

どちらもフルカラーでプリントでき、マスクでさりげないPRが可能です。

1-1-2. ②マスクにプリントせずラベルを同封する


マスク本体にプリントを施さない、不織布マスクへオリジナルラベル(チラシ)を同封するタイプもございます。

価格を抑えながらたくさん作成できるため、ばらまきやノベルティにぴったり。
オリジナルラベルはフルカラーでプリント可能、片面印刷・両面印刷が選べます。

オリジナルラベルを同封した場合、以下のような商品に仕上がります。




また名入れ印刷もオリジナルラベルも付けたいといった場合も、作成可能です。
印刷フィルムのタイプをご確認の上、ご活用ください。




1-2. 手元にある使い捨てマスクを活用する場合


使い捨てのオリジナルマスクを作りたい場合、必ずマスク本体から発注する必要はありません。
お手持ちの不織布マスクに手を加えて、その日・その時だけの特別なマスクにすることもできます。

それではどういったアレンジができるのか、2つのアイテムをチェックしてみましょう。

1-2-1. ③シールを活用してオリジナルマスクに


マスクにシールを貼って、名入れ印刷をしたようなオリジナルマスクにすることもできます。
企業ロゴやイメージキャラクター、社名などをシールで用意しておけば、手元のマスクを手軽にオリジナルマスクへ加工でき非常に便利です。

マスクシールはマスクの上部・下部のプリーツに収まるサイズでプリント・カットされたミニサイズタイプから、20枚~60枚のシールを1シートに盛り込んだタイプまで豊富に取り揃えております。

ミニサイズのマスクシールは、100枚作成の場合でも9,570円と非常に低価格。
オリジナルマスクを作りたいけれど費用は抑えたい場合などにもおすすめです。
 






1-2-2. ④クリップを活用して手軽にワンポイント入りオリジナルマスクに


お手持ちの不織布マスクにクリップを活用し、オリジナルマスクにすることもできます。
25~32mm×32mmの範囲内に収まれば、形状も自由に作成いただけます。

企業ロゴ・企業オリジナルキャラクターなどでクリップを用意しておけば、何度も使えてコスパ良くオリジナルマスクが作成可能です。
クリップは、2個セット・3個セットをご用意しています。


 


(引用:商品一覧|オリジナルカラー紙クリップ、ノベルティ作成ならおまかせ!クリップ王国!

マスククリップは、「販促マスク王国」の姉妹サイト「クリップ王国」にて販売しております。
日頃お客様に接する方、イベントに参加したり取引先と会ったりする機会の多い営業の方など、ぜひご利用ください。

2. 使い捨て不織布オリジナルマスクのおすすめ商品紹介


不織布のオリジナルマスクを作成するために便利な商品をいくつかご紹介してきました。
中にはどれを選べばいいか悩む方もいらっしゃるでしょう。

そこで、「販促マスク王国」のおすすめ商品を以下の3つに絞ってご紹介します。
ぜひチェックしてみてください。

1.不織布マスク名入れ印刷
2.オリジナルラベル
3.オリジナルラベル+ウェット

1.不織布マスク名入れ印刷

 



上記でもご紹介した、ワンポイントのプリントができる商品です。
30枚の小ロットから5,000枚規模まで、企画やイベントの規模に合わせてご発注いただけます。
詳しくはこちら「不織布名入れ印刷商品一覧」をご確認ください。

2.オリジナルラベル

 



価格を抑えつつ、手に取った方にしっかりアピールできるオリジナルラベル付きの商品です。
こちらは30枚から10,000枚までご発注が可能で、大規模な配布にも対応できます。

詳しくは「オリジナルラベル商品一覧」をご確認ください。

3.オリジナルラベル+ウェット

 






不織布マスクにオリジナルラベル、ウェット関連のアイテムを付けた商品です。
マスクに付けるアイテムは、アルコールウェット・除菌液パウチ・除菌シート・銀イオンウェット・ICEおしぼり・発熱チェックカード・除菌ウェットの中からお選びいただけます。

詳しくは「オリジナルラベル+ウェット商品一覧」をご確認ください。

3. 使い捨てオリジナルマスクを販促に活用するメリット


使い捨てタイプのオリジナルマスクについて様々な商品をご紹介してきました。
しかしそもそも、販促企画に使い捨てオリジナルマスクを活用するメリット・デメリットはなんでしょうか?

まず使い捨てオリジナルマスクのメリットについてご紹介します。

3-1. 事前の洗濯が不要ですぐに使える


不織布マスクは、使用前に洗濯が必要ありません。

布マスクの場合は使用前に洗濯しなければならず、実際に使用するまでに時間と手間がかかります。
そのため、イベント等で配布してすぐ着用してもらったり、従業員に配布後すぐに使ってもらったりすることができません。

そのため使い捨てマスクは、気軽に使ってもらうために最適です。

3-2. 不織布マスクのため性能が良い


不織布マスクは「カケン検査」という、品質チェック・品質保証のためのテストが実施されています。
「販促マスク王国」の不織布マスクは、カケン検査によりウィルスを99%カットすることが確認された高性能フィルターを内蔵しており、感染症対策もばっちり!
カット機能に優れ、安心してイベントに参加してもらえるマスクを選ぶなら「販促マスク王国」の不織布マスクがおすすめです。

3-3. 布マスクよりも比較的安い


使い捨ての不織布マスクは、布タイプの繰り返し使えるタイプと比べると安く作成できます。
例えば布タイプの名入れマスクと、不織布の名入れマスクの価格を比較してみましょう。





 

不織布マスク

布マスク

30枚作成時

13,700

18,630

100枚作成時

19,750

31,580

500枚作成時

64,870

119,790

 

このように、限られた予算の中で準備する場合、不織布マスクを選んだ方が負担を少なく抑えられます。

4. 販促アイテムに使い捨てマスクを活用するデメリット


使い捨ての不織布マスクには「すぐ使える」「性能が良い」「安い」といったメリットがありました。
その一方で、デメリットには何があるでしょうか。

考えてられる2つのデメリットをご紹介します。

4-1. 販促効果を見込める期間が短い


使い捨てタイプの不織布マスクは布マスクと異なり、着用したらその一日限りで捨てる必要があります。
そのため1枚のマスクにつき、認知度アップや販促のためアピールできる時間が非常に限定的です。

マスク制作と販促・集客効果の費用対効果を重視する場合は、使い捨てタイプは不向きと言えます。

4-2. 全面印刷ができるものが少なくインパクトに欠ける


使い捨ての不織布マスクに全面印刷が可能なメーカーは、残念ながら多くありません。
「販促マスク王国」も、名入れ印刷のみの取り扱いとなります。

布マスクは全面印刷や蛍光色での印刷が可能な商品もありアピールに有利な点を考えると、インパクトや目線を集める効果が低いと言わざるを得ません。

道ですれ違っただけの人にもしっかりアピールできるようなインパクトを求める場合は、布マスクの方がおすすめです。

5. まとめ


使い捨てタイプのオリジナルマスクは、マスクにプリントする・マスクにオリジナルラベルを付ける・マスクにシールやクリップを付けるなどで作成が可能です。

社名やロゴを入れたプリントマスクを作成しておけばいつでもさっと使えて便利、シールやクリップを使えばその時の気分や会う相手によって使い分けられる、など便利に活用できます。

性能の良い使い捨て不織布マスクを活用して、安心安全に販促を進めましょう。